MENU

2歳児にフッ素塗布すると、どんな効果があるの?

フッ素は子供だけじゃなく、大人の虫歯予防にも良いです。

 

2歳の子供にフッ素を塗布すると初期の虫歯を直してくれたり、歯を強くするという効果があります。

 

 

さらにフッ素には、虫歯菌の出す酸を抑制し、歯が溶けるのを防いでくれる効果があります。

 

2歳フッ素塗布

 

 

乳歯は永久歯と違って虫歯の進行が速く歯も溶けやすいです。

 

2歳になって乳歯が生え始めてきたときにフッ素を使う事で歯を強くする効果を狙って使用します。

 

 

2歳だと、おとなしく歯医者に行ったり、素直に治療を受けてくれるとは限らないので、その場合にも治療が出来るようになるまで、フッ素を使って虫歯を抑えるという目的にも使います。

 

溶け出してしまった歯に対してもフッ素は効果を発揮していきます。

 

 

フッ素を使って元の歯に戻す(再石灰化)という方法をとる場合は、食べるおやつを変えてみたり歯磨きも虫歯にならないように対策をして、フッ素を塗ると初期の虫歯であればもとに戻る効果も期待できます。

 

ただ残念ながら、フッ素を塗ったとしても虫歯菌が口内にいれば、再び虫歯になってしまう可能性が高いです。

 

 

フッ素に期待できるの効果は『虫歯になりにくい歯に強化をしていく効果』です。

 

虫歯菌を除去する効果はナイので、『2歳からフッ素塗布している』と安心せずに、定期的に歯医者さんへ行きチェックしてもらう事も合わせて必要です。

 

 

フッ素だけでは防げない虫歯菌を除去する方法

 

虫歯菌は甘いものや歯磨きが足りていないと歯垢をエサに増殖して、虫歯となって現れてきます。

 

一般的な予防としては、毎日の歯磨きと定期的にフッ素を塗って清潔で丈夫な歯にしていくことです。

 

 

もし虫歯菌が増えてしまった場合フッ素では除去ができないので、口内環境を虫歯菌に負けない状態に作り変えるという方法を取ります。

 

フッ素の大きな効果は歯を元に戻したり、虫歯菌の活動を抑えて虫歯を防ぐといった効果がありますが、虫歯菌を減らすという形では使用できません。

 

 

フッ素以外に虫歯菌を抑えるには『キシリトール』が有名なのでご存じかと思います^^

 

2歳キシリトール効果

 

 

キシリトールは虫歯菌を弱くするという効果もあるので、小さい子供でもタブレットタイプの物であれば虫歯予防は出来るようです。

 

 

ただキシリトールにも限界があるので、直接虫歯菌の殺菌効果を狙うなら『BLIS M18』の成分が入った歯磨き粉を使用する方法がおすすめです。

 

「BLIS M18」は口内環境を整えるのに最適で、虫歯菌を減らしてくれる上に、細かい粒子が歯磨きで残ってしまった虫歯菌が大好きな歯垢も取り除くことができます。

 

 

虫歯菌は、お母さんやお父さんが使ったスプーンで食べ物を食べさせるだけでうつってしまいます。

うつしてしまった心当たりがある
歯医者さんで虫歯の疑いを指摘された

 

そんな時は日ごろの虫歯予防として、虫歯菌に負けない口内環境を作っていける『BLIS M18』を使って少しずつ虫歯菌を減らしてあげれば、子供が将来虫歯になって歯を無くすリスクをかなり下げられるのでオススメです^^

 

⇒ 日本で唯一の『BLIS M18』入り歯磨き粉