MENU

2歳の虫歯は白い?なりかけの初期段階ですべきこと

乳歯が虫歯になってしまったら進行が早いので、気が付いた段階ですぐに歯医者さんへ行くことが大切です。

 

ただ2歳という年齢はすぐに治療を受ける事が難しい状態なので、白いなりかけの虫歯であれば日常ケアをしながら、そのまま様子を見るという形が良いでしょう。

 

初期段階はフッ素を塗り続ける事と歯磨きをしっかりするという予防ケアが有効になります。

 

 

本格的に治療する場合は虫歯を削って詰め物になりますが、2歳の子供だと嫌がっておとなしく治療が出来ないでしょうし、大抵は進行を抑えるために定期的にフッ素を塗って虫歯の進行を抑えるようにします。

 

虫歯が白いなりかけの状態であれば、ほとんどの場合は治療が必要ありません。フッ素塗布で元の綺麗な歯に戻っていく(再石灰化)はずなので安心して下さい^^

 

2歳虫歯白い

 

 

虫歯が進行してしまうと削らなけばならなくなり、再石灰化することも出来なくなりますが、初期段階であれば歯の修復ができ、修復の基本は歯磨きをすることで治る可能性も充分にあります。

 

 

このように、虫歯が白いなりかけなら早期予防で進行を止め、元の状態に治していくことが出来ます。

 

でも虫歯菌はとても強力です。特に2歳だとまだ口内の環境が整っていないので、菌が増えやすい状態にあります。

 

 

歯磨きやフッ素で予防が上手くできていなければ、虫歯が進行してしまう恐れもある事を忘れないで下さい。

 

初期段階の虫歯には自宅での予防と合わせて、歯医者さんでの定期検診も忘れずに行うとよいでしょう。

 

 

2歳の奥歯が茶色いのは虫歯?それとも汚れ?磨いても落ちない時の対処法

 

磨いても磨いても子供の奥歯にある茶色い汚れ、歯ブラシでも落ちない時にはまずは歯医者さんで『虫歯なのか』『茶色い汚れなのか』診察してもらった方が良いです。

 

もし虫歯であっても初期段階であったり進行が遅い場合があるので、慌てず対処をしていけば問題ありません。

 

 

一般的な対処法としては、ぽっかりと空いてしまった大きな虫歯のように直ぐ処置が必要な状況でなければ、やはりフッ素を塗って様子を見るのが第一候補です。

 

初めの段階や乳歯の場合は『様子を見る』という事が一番の対処法です。慌てて削るといった事をしてしまうと2歳の子供にとっての治療は恐怖を与えてしまい、大きくなってからも歯医者が嫌いになってしまう可能性があるので慎重に治療方針は決めましょう。

 

2歳虫歯白い

 

 

歯磨きをしていて、もし奥歯に茶色い落ちない汚れを見たらまずは、歯医者さんへ連れて行ってあげて下さい。

 

歯も痛くなければ生え変わるので『そのままでも問題ない』という場合もあります。まずはフッ素を塗り、次は虫歯になる原因を取り除いていくことが必要です。

 

 

おすすめの対処法は、フッ素で予防するだけでなく虫歯菌に負けない口内環境を作る方法です。

 

一度口に入ってしまった虫歯菌は、どんなに一生懸命に歯を磨いても無くなる事はありません。2歳児の場合まだ口内に対抗する菌が少ないので、一度うつってしまった虫歯菌がどんどん増えてしまうからです。

 

 

逆に2歳児の段階で虫歯菌をきちんとケア出来ていれば、大人になってから虫歯になりにく歯に育てることができます。

 

虫歯菌の抑制効果のある歯磨き粉は少し高いのですが、もしうつってしまった可能性があるのであれば、子供の将来の為にも早めに対処された方が良いと思います。

 

 

大人になっても虫歯菌を抑制することは出来ますが、3歳~4歳くらいの乳歯が生えそろった段階になると、口内の細菌バランスを変えることはもう出来ません。

 

つまり、2歳の段階でできるだけ虫歯菌が少ない口内環境を作ってあげることが、将来の虫歯リスクから子供を守ってあげることに繋がります。

 

 

元々赤ちゃんは虫歯菌を持たずに生まれてきます。

 

それでも虫歯になってしまうのは、お母さんやお父さん、まわりの大人たちのせいなのです。

 

 

虫歯になって歯を1本失うだけで、体への負担であったり歯医者へ通う費用や時間を考えると、早めに対処してあげた方が良いでしょう。

 

2歳の虫歯の進行は驚くほど早いので、手遅れになる前に守ってあげてくださいね^^

 

⇒ 虫歯菌を抑制できる歯磨き粉

 

 

>>2歳虫歯は親の責任?今スグすべき予防とは TOPへ